人気ブログランキング |

アイ ライフのきょうもどこかで日記

ilifeservi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 88 )


2006年 02月 14日

不用品処分

今日は、午前中デスクワーク他
午後から、不用品処分の見積です。
今度引っ越してこられるとの事で、家の中を片付けている最中でした
処分費用の金額を提示して契約、お客さまの都合で今日か、日曜日で
今日だと、午後4時までに回収完了を希望、すぐに事務所に連絡
処分する物には、大きなもあり2人要請
段取りが出来そうなので、お客様に今日の午後4時までに回収可能と返事
でも、私は現場にいけても、動ける予定のもう1人が前の現場でかなり時間をとられ、
結局時間に間に合いそうも無いので、私が単独でお客さまの所へ
次回へつづく
今回担当は、よしふでした

by ilifeservice | 2006-02-14 18:40
2006年 02月 11日

難工事

今日は、この間見積させて頂いた伏見のお客様の、中間ダクトファン(洗面所、浴室、トイレの換気装置)取替作業を行いました。
しかも、同じサイズの物は無く、しかも高さが前の物より70ミリも大きい!
なぜメーカーは、20年前のより大きなものを作るのだ?
既設のダクトファンは、浴室の天井裏に取付られており、見積段階から非常に
取り替えにくい事は予想してましたが、実際に作業すると予想以上でした。
限られたスペースに四方からパイプがダクトファンに伸びており、
しかも浴室の洗い場に脚立を立てて、その上での作業です。
足裏のつぼマッサージになると思い、上履きは着用せずに作業しました。
本来なら、天井点検口の上に取り付けるのがベターなのですが、
施工時に浴室の隅のトイレと洗面所の壁の傍にとりつけてありました。
作業時間は3時間を想定していましたが、4時間近くかかりました。
かなりへろへろになりました。
でもお客様は、大変喜んでらっしゃいました。
これからもがんばりますので宜しくおねがいすます。
今回担当は、よしふでした。

by ilifeservice | 2006-02-11 17:34
2006年 02月 08日

立春を過ぎたのに

昨日は少し暖かったが、今日はまた寒さが戻ってきました。
今日は、、日曜日に換気扇(中間ダクトファン)の故障を見にいった客様に、
朝8時過ぎに電話をしました、昨日の夜も電話したのですが、
留守番の方しかおられず、朝は8時30分頃まで在宅だとのことだったので、
換気扇の故障は、スイッチでもなく、配線でもなく、換気扇本体の故障でした、
20年位ご使用とのとでしたので取替えをお勧めして、その機種を確定して(同じものは無く)
取替えの見積金額の連絡だったのです。
今回は、よしふでした

by ilifeservice | 2006-02-08 18:36
2006年 01月 23日

私は見た

先日、排水が漏れるから調べてほしいとの依頼があり、
上京区のお客様のお宅にお伺いして、
床下を調べると、悪質リフォームで問題になっていた、丸型の換気扇2台や、
湿気を取る炭入りマットは床下一面に、除湿機みたいなもや、
あと補強金物や補強の束にいたってはビッシリという感じです。
排水のマスを調べようとしたら、ご丁寧にマスの上に除湿機を据えてあり、他のマスの上には、
簡易モルタルみたいなのを一面塗りつけてある始末です。
結局排水の漏れは、除湿機から排出された水でしたが、
マスが二箇所、穴があいたりしていて、床下の地中に漏れている状態でしたので、
マス二箇所取替を提案させていただき、取替工事をさせていただきましたが、
給水や排水がきちっとしていて、床高があり、水はけの良い場所では、
換気扇や、除湿機、補強金物、補強束、炭入りマット等の
工事は特に必要がないものと思います。
それにマスの上にモルタルや機械を据えるなんて論外です。
結局、マス入替工事に余分な手間が増えます。
よく、排水つまりの現場で、出くわすのが家をリフォームして床をフローリングに
してある場合、マスが床下にあるのに床下点検口を設けていない場合がある。
床下点検口があればそこから、排水管のつまり直しやマスの点検が容易にできるのだが、
それが無い場合、マスがどの位置にあるのか調べなくてはならないし、また床下点検口を
設けるという事になりますし、リフォームの時に一緒にやっていれば安く済みますし、
出来れば、マスの位置を把握しておく事と、半年に一回くらいはマスの点検や、
排水が表のマス迄流れてくるかを、風呂、キッチン、洗面所、トイレ等
個別にながして、検査したいものです。
今回担当は、よしふでした
追伸
もう雪は、ええわ。

by ilifeservice | 2006-01-23 17:26
2005年 11月 15日

洋式便器取替

先日トイレつまり直しの御依頼がありお伺いしました。最初ラバーカップで、
便器の方から圧力をかけてたのですが、どうも感触がおかしく便器側から
鏡で確認したところ、「プラスチック」の様な物が見え中でかみこんでいたので、
お客様に「これは、便器を一度取り外し便器の裏側から取り出さないといけない
ですね」と言ったところ、お客様は、あまり今の便器をよく思っておられようで
「便器を一度外すんだったら便器自体を取替ってできますか今日中に?」
と言われたので、難しいかなと思いながら「ちょっと段取りしてみます」とこたえ
さっそく段取りです。問屋に電話し何とか用意してもらえることになり、「なんとか
段取りできます」と言うと「じゃお願いします」となりました。いそいで材料を取り
に行き、なんとか18時位には完了しました。後で外した便器を割って、つまってた物を
お客様と一緒に確認した所ブルーレットでした。なんとかその日中に対応できて良かったです。  
PS、みなさんもプラスチックの様な固形物を落とさない用に気をつけてくださいね。    
                               サカイ

by ilifeservice | 2005-11-15 17:58
2005年 11月 01日

トイレがつまったら

排水つまり、それは突然やってくる
今回は、トイレの排水つまりのはなしをします。
なぜ急に、流れなくなるのか
昨晩はきれいに流れていたのに、今朝用を足すと便器いっぱいに水がたまる。
このような状況になるわけです。
なぜそうなるかというと、便器の入り口よりも床の排水管につながるところが、狭くなって
いるのです。
だから便器のなかで通りみちを、塞ぐような感じでつまる場合が多いです。
もしつまったら
トイレのつまりを直す道具があれば問題ないのですが
もし道具がない場合、しかも夜中に、なんてことも起こりうるわけですよ。
その場合は夜中でも、対応している業者もありますが修理費用が高い場合があります。
私なら、翌朝までみずを流さずに用を足してしのぎます。
朝になれば、通常料金で直してくれる業者(当社みたいに)もありますから、安心です。
今回は、よしふでした。

by ilifeservice | 2005-11-01 17:56
2005年 10月 20日

私たちの思い

1.お客様の快適な暮しのために、住宅・設備等の保全、改修などのあらゆるサービスを提供します。
2.地球環境を守るため、ゴミ減量、リサイクルに徹します。
3.仕事を通じて人間成長をはかり、人と人との輪を広げます。

こんな思いで仕事をしてます。まだまだのところはたくさんあるかと思いますが、お客様の喜ばれる顔が一番嬉しいサービスマン達です。受付担当の私は帰ってきたサービスマンの嬉しい顔がまた一番嬉しいのです。

by ilifeservice | 2005-10-20 12:27
2005年 10月 07日

きょうもどこかで日記はじまり

アイライフサービス、いよいよブログ開始です。頑張って更新していきたいと思います
「きょうもどこかで日記」とあるように、日々の業務であった事などを更新していきたいと思っていますのでどうぞヨロシクです。

by ilifeservice | 2005-10-07 18:35