アイ ライフのきょうもどこかで日記

ilifeservi.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2006年 01月 23日

私は見た

先日、排水が漏れるから調べてほしいとの依頼があり、
上京区のお客様のお宅にお伺いして、
床下を調べると、悪質リフォームで問題になっていた、丸型の換気扇2台や、
湿気を取る炭入りマットは床下一面に、除湿機みたいなもや、
あと補強金物や補強の束にいたってはビッシリという感じです。
排水のマスを調べようとしたら、ご丁寧にマスの上に除湿機を据えてあり、他のマスの上には、
簡易モルタルみたいなのを一面塗りつけてある始末です。
結局排水の漏れは、除湿機から排出された水でしたが、
マスが二箇所、穴があいたりしていて、床下の地中に漏れている状態でしたので、
マス二箇所取替を提案させていただき、取替工事をさせていただきましたが、
給水や排水がきちっとしていて、床高があり、水はけの良い場所では、
換気扇や、除湿機、補強金物、補強束、炭入りマット等の
工事は特に必要がないものと思います。
それにマスの上にモルタルや機械を据えるなんて論外です。
結局、マス入替工事に余分な手間が増えます。
よく、排水つまりの現場で、出くわすのが家をリフォームして床をフローリングに
してある場合、マスが床下にあるのに床下点検口を設けていない場合がある。
床下点検口があればそこから、排水管のつまり直しやマスの点検が容易にできるのだが、
それが無い場合、マスがどの位置にあるのか調べなくてはならないし、また床下点検口を
設けるという事になりますし、リフォームの時に一緒にやっていれば安く済みますし、
出来れば、マスの位置を把握しておく事と、半年に一回くらいはマスの点検や、
排水が表のマス迄流れてくるかを、風呂、キッチン、洗面所、トイレ等
個別にながして、検査したいものです。
今回担当は、よしふでした
追伸
もう雪は、ええわ。
[PR]

by ilifeservice | 2006-01-23 17:26